IMG_0437


東広島にあるレストラン "欧風食堂ブーゲン" 
私とnancyのお気に入りのお店です 。


私たちがココを訪れたら、
外の景色がよく見えるテーブル席ではなく、カウンター席に座ります。
オーナーシェフとパティシエの奥さんがテキパキと働く様子を見ていると
何だか気分が上がるからです。


さて、" 寺西宣伝社 "というチンドン屋さんのリーダーでもある
音楽好きのオーナーは
ノンジャンルで様々な音楽を店内で流しています。
それもこのお店が好きな理由です。

また、店内に飾られている沖縄の三線は
お店を開店する前にご夫婦で熱心に演奏もされていたようで、
店名の "ブーゲン" は『 語感が良いからつけました。』と言われてましたが、
沖縄で咲く "ブーゲンビリア" からとっているらしく
『 沖縄 愛・三線 愛 』が感じられます。

これは勝手に思ったことですが、
"ブーゲンビリア" の花言葉は「 情熱 」と「魅力」。
まさに "ブーゲン" は、
魅力的なオーナー夫妻が情熱を持って作ったお店。
「ぴったりの店名だな …。」 と、思いました。


… 話は戻りますが、
カウンターに座ると目の前に見えるのが、
綺麗に重ねられたお皿たちです。
その中で異彩を放つ大皿が数枚あり、先日作家さんは誰なのか尋ねました。

すると予想通りで、" 無限窯  三上 貴史 " さんのお皿でした。
彼とは、数年前にグループ展でご一緒したこともあり、
私たち夫婦は作風や人柄が大好きで、いくつか作品を持っています。

IMG_1368



そんな、"大好きなお店" に先週行ってきました。
2020年 "初・ブーゲン" です。
そして、今年も変わらず笑顔で迎えてくれました。

IMG_0439

写真はパスタランチ 1,180円にプラス300円でつけてもらった
デザートの "クレーム・ブリュレ" 。

美味しい料理とともに、気さくな会話も楽しませてもらいました。


















広島ブログ