IMG_1329


「カーネリアン」は和名を「紅玉髄(べにぎょくずい)」と言い、
鉱物種「カルセドニー」の
フレッシュ・レッドからブラウン・レッドの変種です。

名前は果実(kernel)のできるサクランボの色に似ていることに由来しています。
そして、赤みがかかった色は鉄の含有によるものです。

昔は血の流れを鎮め、熱を醒ます効果や
怒りを静める効果があると信じられていました。

また、メソポタミア、古代エジプトの遺跡からも
「カーネリアン」を使った装飾品が発見され、幸運のお守りとして人々に愛されてきました。

特に有名な話で、
ナポレオンが「カーネリアン」で八角形の印章を作り、生涯身につけていたと言われています。
この紅褐色の色には
勇気と行動力を引き出してくれる効果があるのかもしれません。


話は変わって…
私はアクセサリーの中でもリングを作ることが好きです。

リングは常に目で見てながめたり、手で触れたりできます。
そのうち、人とリングとが相互作用を起こします。
その変化を見るのは、製作者として楽しみです。

では、どれを選ぶか…
感じ方は人それぞれなので、
手にした時の直感で選んでいただければ、
それで良いと思います。








 広島ブログ