IMG_1203


「トルマリン」は10月の誕生石ですが、
そもそも「トルマリン」とは
複雑で幅広い化学組成と共通の構造を持つ10以上の鉱物のグループ名です。

名前の由来はスリランカのシンバラ族の言葉で
宝石の砂礫(されき)を意味する「トルマリ(Turmali)」からきています。
静電気を生じ、埃を吸い寄せることから
和名「電気石」と呼ばれています。

また、「トルマリン」ほど多様な色彩を持つ宝石は他に類がなく、
赤、橙、黄、緑、青、藍、紫のすべての色があります。

色によって次の変種に区別できます。

「アクロアイト」無色かそれに近いもの。非常に稀産。
「ルベライト」(ラテン語で赤を意味する言葉に由来)
ピンクからレッドで特にルビーレッドの石は価値が高い。
「ドラバイト」(オーストリアのドレーブ地方に由来)
イエローブラウンからダークブラウンの濃い色(大抵は褐色)。
「ベルデライト」すべての色調のグリーン。トルマリンの中でもっとも普通種。
「インディコライト」すべての色調のブルー。
「ショール」ブラックでごく普通に産出される。
「バイカラートルマリン」1つの結晶に2色以上が見られるもの。
ピンクとグリーン、イエローとパープルなど様々な色の組み合わせがある。
中でもレッドとグリーンのものを「ウォーターメロン」と呼ぶ。

主なところは以上です。

「トルマリン」はその名が学術的に確立されたのは100年ほど前で
比較的新しく認められた鉱物です。
それまでは存在していましたが、他の石に紛れて扱われてきました。
ですから「トルマリン」にまつわる伝説的な逸話は残っていません。
それでも最近人気が高いのは、
多様な色彩の美しさと芸術的なまでの存在感を持っていること…
そして特異な電気特性という未知の性質を持っていること…
化学的な分野、ヒーリングの分野どちらにおいても
魅力的な可能性を感じる石だからです。

さて、話は少し逸れますが、
こんな感じでブログに石の話を書いている私ですが、
実のところ、石の鑑定をできません。
石の鑑定は専門の知識と経験が必要で
かなり難しいのです。

ですから私は、
信頼できる業者さんから購入し、
できる限りの情報を作品とともに提供していくことに努めております。







 広島ブログ