銀職人のつぶやき

銀職人松浦仁史の 日々のコト、作品作りのコトをとりとめもなく綴ります。

IMG_0966

7月の誕生石はルビーです。

ルビーといえば、「ピジョンブラッド」と呼ばれるほどの「赤」
そしてダイヤモンドやサファイヤなどとともに「貴石」と呼ばれ、
品質や市場価値の高いものもあり、
皆から愛されている華やかなイメージの宝石です。

しかし、宝飾展などで石を仕入れに行くと
貴石と呼ばれるにふさわしいルビーも目にしますが、
そればかりではありません。

様々な個性を持つルビーを目にすることがあります。

例えば、茶色や紫だったり…
ルビーではなくどちらかといえばサファイヤだったり…
スターがあったり、なかったり…
まるっきり透明でもなかったり…などなど

そんな華やかではない"スタールビー"は面白いです。

"スタールビー"というのはルビーの中に光を当てると
六条の星(スター)が現れるもので
赤いコランダムの原石の中からスターが存在するものを
カボション(丸い山型)に研磨して仕上げたルビーのことです。

ちなみにコランダムというのは鉱物の種類のことで、
赤色のコランダムをルビー。
青を含む赤以外のコランダムをサファイヤと呼んでいます。
要するにルビーとサファイヤは
同じコランダムという酸化アルミニウム鉱物であり、
その色相の違いで呼び名が変わっており、
コランダムの色の中で、
唯一赤色だけがルビーと呼ばれているのです。

だから、欠陥部分があっても魅力的で
見るものを惹きつけるパワーがあります。

そんなルビーやサファイヤを使って、
リングを何個か作っています。

私自信も作品ができるのが楽しみです。







 広島ブログ 

IMG_0916

今回は私が好きでよく使う「ラブラドライト」と言う石を紹介します。
この石は青、グリーン、金色など虹のように輝き、
…ラブラドレッセンス…を持っているのが特徴です。

その中でも特に宇宙をイメージするかのような
深く青く輝くものは「スペクトロライト」と呼ばれています。

一個づつその色と輝きは違うため、
見ていて飽きることがありません。

見る者を神秘的な気持ちにさせてくれます。

今回「ラブラドライト」のリングを数個作ります。
リングをはめたその指を見たら、
その美しさを理解してもらえると思います。

より強い個性を表現するにはピッタリの石です。



消されることを覚悟で今日は「女王蜂」





 広島ブログ 

IMG_0900


「サンストーン」と「ムーンストーン」。
この2つの天然石は見たままのイメージの名前がついています。

「サンストーン」は黄色やオレンジのものが多く、
アベンチュレッセンスと呼ばれるキラメキが見られ、
キラキラと明るい光を発しているような石です。

「ムーンストーン」は白っぽいものが多く、
シーンと呼ばれるミルキーな帯状のものが見られ、
青白い光を発しているような石です。

対極にあるかのような2つの石の光り方。
どちらも、「太陽」と「月」のような包容力を持った魅力的な光です。

私は今回、これらの石を使ってリングを数個作るつもりでいます。
使っている石は決して高価で貴重なものではありませんが、
ぜひ指にはめて輝きを感じてもらいたいです。

どんな作品ができるのかお楽しみに。





 広島ブログ 


このページのトップヘ