銀職人のつぶやき

銀職人松浦仁史の 日々のコト、作品作りのコトをとりとめもなく綴ります。

IMG_1609

平和公園の原爆ドームの対岸 親水テラスで行われた
3.11東日本大震災を忘れない追悼の集い 広島2018に
参加してきました。

このキャンドルの一つ一つのシェードには
参加者のメッセージが書かれていました。

IMG_1613

これまでの私の人生は忘れてしまいたいことだらけですが、
忘れない努力が必要なこともあります。

IMG_1593


私はここ広島で生まれ育ちました。






 広島ブログ                

IMG_1584

『アイオライト』は
コレクターの間では珍しい石に分類される、
コレクターストーンとして認知されている美しい青紫色の石です。

この石は鉱物学的に最初に認知した鉱物学者のコーディエを讃えて命名された、
鉱物名を『コーディエライト』とも呼ばれています。
しかしそれ以前から、ギリシャ語の青紫色 (ios) の石 (lite) 、
すなわち『 iolite ~アイオライト』名付けられ、人々に親しまれてきました。

その美しい青紫色は微量に含む鉄分のせいです。
この色はサファイヤブルーに酷似していますが、
その色は柱状結晶の一定方向からしか見えず、
角度を変えると褐色系の無色にしか見えません。
これがこの石の持つ「三色性」です。
角度を変えてみるとサファイヤと見間違えることはまずありません。

さて、写真ですが、私が作った『アイオライト』のリングです。
私は、彫金仲間に祖母から譲り受けたという美しい『アイオライト』を見せてもらい、
この石のことを知りました。
そしてその時、『アイオライト』を使ってみたい…と強く感じました。
これは、石から "インスピレーション" を受けた作品の一つです。
















 広島ブログ               
   

IMG_1578

バンド『八十八ヶ所巡礼』のライブに行ってきました。
場所は、立町電停からすぐ、東急ハンズ向かいのビル地下1階にある、
ライブ&イベントスペース『 4.14 (よんじゅうよん) 』です。

IMG_1577

私は、今の時代 "音楽" は嗜好品だと思っています。
様々なジャンルやスタイルがありますので、
音楽好きというだけで、その思いをなかなか共有することはできませんし、
話がはずむこともありません。

だから、好きなアーティストのライブ会場前で、
列に並んでいる見ず知らずの人に、かなりの親近感を覚えたりもします。

さて、
チケットを買った時から、
自分の年齢でフロアで飛び跳ねても良いものか…
と、実は悩んでいました。

私たちがライブハウスで "ロック" を聞き始めた若い頃は、
フロアには同世代か少し上くらいの人しかいませんでした。
白髪頭の "おっさん" などいなかったし、いたとしても、
「なぜ 、"おっさん" が、いるんだ?」というような排他的な目を向けていたと思います。

ところが今の時代の若い人たちは、
フロアに50代の "おっさん" の私がいても、全く気にするそぶりを見せません。
包容力があるのか、それだけ自由なのかわかりませんが、
どんなライブに行っても違和感なく楽しめている気がします。

今回も演奏が始まると、葛藤があったことも忘れ、
声を張り上げ、足を踏み鳴らし、手を突き上げていました。
結局、大爆音の中、
何も考えず、カッコつけるわけでもなく、
会場のみんなと一体になって楽しみました。

お決まりの振り付けや声援スタイルがあるライブも、
それはそれで楽しいですが、
アーティストが自分をさらけ出し、世界を作り、
それを受けた聴衆が自分の感じたまま自由に楽しむのも
なかなかカッコいいな…と思いました。

実は会場には自分よりもずいぶん年上の方もおられました。
こんな風に年をとってもライブハウスで "ロック" を楽しむ…
とても憧れました。

私も "音楽" を愛する、"愉快な爺さん" を目指したいと思いました。


 






 広島ブログ               
  

このページのトップヘ