銀職人のつぶやき

銀職人松浦仁史の 日々のコト、作品作りのコトをとりとめもなく綴ります。

IMG_1676

本日は、『 Cafe&Gift  ANASTASIA 』に
2ヶ月に1回の委託作品の入れ替えに行ってきました。
ここは東広島八本松にあるお店で
オーナーがセレクトしたセンスの良い充実した雑貨と
美味しいランチとケーキが楽しめる人気のお店です。

IMG_1683

お店の隣には、" 彫刻家  ゼロ・ヒガシダ " さんのアトリエもあります。

現在、" ゼロ・ヒガシダ " さんは
宮島の大聖院にて『 平清盛公生誕900年記念の彫刻展 ( 2018年11/30まで ) 』を開催され、
作品を野外展示されています。

IMG_1679

迫力のある展示ですので、
機会がありましたらお立ち寄りください。


作品の入れ替えに伺った時に、
やまだ屋の「 聖乃志久礼 」をいただきました。

cut

栗あんで大聖院の家紋 " 二引きの桜 " をあしらった
しっとりとした食感のとても美味しいお菓子でした。
お心遣いをいただき、ありがとうございました。


さて、もう一つ
残念なお知らせがあります。

広島市内で作品の委託をお願いしていた、
雑貨店『 eden 』さんが、諸事情により閉店となりました。
店主さんやお店に集う方々、置いてある作品がとても魅力的でしたし、
広島市内で私の作品を見てもらえる場所があることは
自分にとってすごくありがたいことだったので、
今回のことはとても残念でなりません。
けれども、
新たな挑戦をしようとしている店主さんの "これから" に、期待しております。


正直、次の作品の委託先などは決まっておりませんが、焦らず探して行こうと思います。
また、決まりましたら、ご報告いたします。




 広島ブログ                 


IMG_1673

『 トルコ石 』または  " ラッキー・ストーン " と呼ばれる『 ターコイズ 』は、
12月の誕生石で、皆がよく知るメジャーな石です。

メソポタミア (現イラク) では、
紀元前5000年の『 トルコ石 』のビーズが発見されています。
このことからもわかるように、
おそらく宝石として認知された最古の石の一つだと言えるでしょう。


『 トルコ石 』は非常に高い癒し効果を持っており、
健康に慰めをもたらし、保護作用があると言われ、
太古の昔からお守りとして用いられ、大切にされてきました。

また、成功へと導く石として
ヴィクトリア時代の詩にも登場しています。

凍てつく12月に生を受けたおまえ、
雪と氷と笑いさざめきの季節、
おまえの手に トルキッシュ・ブルーを置くべし、
成功がおまえのすること全てを祝福するだろう。

(作者 不詳)


さて、『 トルコ石 』という名は比較的最近ついたものです。
13世紀までは『 トルコ石 』ではなく
美しい石を意味する「カーレス」と呼ばれていました。
その後、この石をベネチアの商人が、
トルコを経由し地中海を経てフランスに持ち込んだため、
買い手が『 トルコの石 』と呼んで、この名前がつきました。


『 トルコ石 』は鉄と銅の量によって色が決まります。
鉄を多く含有すると緑になり、
銅を多く含有すると青くなります。
また、内包物の作用で
褐色や黒色の網状のメイトリックスが出るものもあります。


ポピュラーで人気の高い石なので、
最初に手にした宝石が『 トルコ石 』という人も多いと思います。
しかし、意外とデリケートな石なので
取り扱いには十分注意が必要です。
光、汗、油や、化粧品などの薬品に触れたり、
または水分を失うような状態が続くと、
変色や品質を落とす変化が起きることがあるのです。

この美しいトルキッシュ・ブルーを保つためにも、
丁寧に扱っていきたいものです。







 広島ブログ                    

IMG_1662

今日は快晴。

" 山口アーツ&クラフツ "にnancyと出かけました。
山口市の維新百年記念公園に
全国から144名のクラフト作家が集い、
それぞれの作品を展示・販売するイベントです。

ここに革作家の " coyote(谷口修一)さん " がブースを出すと聞き、
陣中見舞いも兼ねてドライブすることになりました。

会場になっている
山口の維新百年記念公園は
各スポーツ施設とビオトープを備えた芝生の丘などがある広大な公園です。
私たちも過去に息子の試合で訪れたことがある場所なのですが、
その時にはあまりに余裕がなくて
テニスコート以外の場所を歩き回ることはありませんでした。
しかし、今回のイベントでは、
その時に歩くことができなかった場所でイベントが行われており、
ゆっくりと公園内を楽しむことができました。

さて、 " 山口アーツ&クラフツ " では
今年は " 144名 " もの作家がそれぞれ与えられたスペースでテントを張り
ディスプレイにも工夫を凝らし、
自分たちの作品を並べて販売しています。

IMG_1648

陶芸・木工・皮革・染物・織物・アクセサリーなど
作家のジャンルも様々です。

IMG_1666

テントは広い会場の中に点在しているので、
イベント会場を散策しながら
各作家のテントの中をのぞき、作品を見て行きます。

しばらく歩いていると " coyoteさん " のテントもありました。

IMG_1656

今回は作品の販売だけではなく
『 レザーネーム作り体験 』というワークショップも開催されていたので
大忙しの様子…。

IMG_1650


このイベントは芝生の丘が会場の中心なので、
野外イベント特有の砂埃っぽさもなく、
天気にも恵まれて風が心地よく、
とても快適で楽しめました。

何より作品のレベルが高いので、
興味深くテントをのぞき、歩き回ることができましたし、
たくさんの作家さんの作品を見て、とても刺激を受けました。

このイベントは明日、22日(日)16:00まで開催されています。
お気に入りの作品との出会いを求めて、
その後は「湯田温泉の日帰り入浴」を楽しむなど、
ドライブに出かけるのは、いかがでしょうか。








 広島ブログ                    

このページのトップヘ