銀職人のつぶやき

銀職人松浦仁史の 日々のコト、作品作りのコトをとりとめもなく綴ります。

IMG_1389

土曜日にライブハウス "4.14" (よん.じゅうよん) へ
『八十八ヶ所巡礼』の ONE MAN LIVE を観に行ってきました。

IMG_1386

『マガレさん』の一升瓶は "豪快" でした。



 ライブは超満員で、
 みんな、嬉しそう・楽しそうで、
 大盛り上がりでした。
 もちろん、私もとても楽しかったです。



さて、
私が最近よく行くライブは
ほとんどの場合ライブハウスで、
席の指定がありません。

"オールスタンディング" です。

チケットに書いてある整理番号を提示し、
この番号順に入口に並んで、
開場となるとそのまま入場します。

IMG_1398

そして入口でチケットを提示し、
ドリンク代金を払ったり、
クロークに荷物を預けたりして、
グッズ販売のコーナーを横目で見ながら、
まっすぐにステージ前へ進みます。

そうです、自分の場所は自分で確保しなければならないのです。

 ライブが始まると人が動き、
 立っている場所も変りますが、
 最初の立ち位置は重要なのです。

なので、入場してから30分くらいは、
その場所で立ったままステージを見つめ、
ライブが始まるのを
" 今か … 今か … " と、
じっと、ひたすら、待っているのです。


が、… 以前、私はこんな失敗をしました。


まさにそんな時、急に尿意を感じたのです。

 ライブが始まる前に、
 時間つぶしに立ち寄ったカフェで、
 "一杯のコーヒー"を飲んでいたのです。

この場所を離れたくはなかったのですが、
コーヒーの利尿作用には抗えず、
私はトイレへと急ぎました。

 そして、無事に用を足して 、
 ほっとしたのもつかの間 、
 トイレの扉を開けると 、

目の前には、人、人、人 …、
すでにフロアは人で一杯でした。


せっかく取得した早めの整理番号も、
急いで確保した自分のポジションも、
"一杯のコーヒー"で台無しです。


 そうです。
 『ライブ前の水分摂取は控えること!』を学びました。



その教訓が今回は生かされ、何事もなく楽しめたライブ。



『 最高 !! 』でした。



『八十八ヶ所巡礼』のみなさん、
また、広島でのライブをお願いします。





広島ブログ               

IMG_1378


日曜日は " アトリエ  ワリババ " 主催の『ジャンベ 朝練』の日でした。



 " アトリエ  ワリババ " は、
ダビッド・シラさん、ヨーコ・シラさんの
ご夫婦で運営されていて、
アフリカ ギニアのパーカッションを中心とした
演奏とパフォーマンス などの活動と、
レッスンや楽器のメンテナンスを行う、
教室&工房です。

  " ワリババ " とはギニアの言葉で
 『働き者』を意味します。
  文字通り、『働き者』のご夫婦が主催されていることもあり、
 『ジャンベ朝練』に集まってくる人はみんな真面目です。



さて、朝練の場所は " 流川 " にある『畳屋 PICO』です。
ここは "パーカッショニスト・水木恒雄さん" の
本業である畳屋の仕事場でもあり、
時々、ライブも行われる場所です。
朝練には、必然的に水木さんも参加されています。

 
 ジャンベは大きな音が出ますので、
 なかなか練習場所の確保が難しいです。
 その点は、苦労が多いです。
 最初は、こんな街中 … 、
 " 流川 " で練習していることに驚きました。



 
 … ここからは、私事です。…

レベルの高い演奏者と一緒に叩いていると
気分が上がります。
そして「もっと上手になりたい」と思います。
以前「どうやったら上手になりますか ?」と質問したら、
ダビットさんが、
「練習すること、そしてしっかりした姿勢(フォーム)を身につけなさい」と
アドバイスしてくれました。


しかし、これが意外と難しい。


… 時間と場所の確保が難しいです。

… 姿勢もついつい前かがみで背中を丸めてしまいます。

 日常生活から考えていかないと …、
 なかなか身につかないのが実情です。

… 完全に、言い訳になっていますね。…


それでも「ジャンベが、好き!」
このことに変わりはないので、なんとか続けています。

道のりは遠いですけど …。




広島ブログ              

IMG_1344

… 東京タワーで気持ちが伝わるのか?…

… 自分でも、驚きました。…
… 一瞬ですが、天にものぼる気持ちです。…



そうです。

私は若い頃、初詣のおみくじで
3年連続 "大凶" を引き当てた男です。

最初は「 本当におみくじに大凶があるんじゃね 」と
軽く笑われる程度だったのですが、
3回目には、nancy にも呆れられました。

そんな人間ですから、"くじ運の女神" からは、
見捨てられたと思っていました。

そして、いつしか…
『持っていない男』と呼ばれていました。



しかし、最近 …、
そんな私でも運をかけたい時があったのです。

ある、女性シンガーのライブ 。

"未開催地 …、しかもキャパの少ないライブハウス" での
ツアーの情報を入手してしまったのです。

思わず "ダメ元" で抽選に参加しました。

そして、その結果が数日前にメールで届きました。

 『 なんと !! 』
 『 なんと !! 』

 『 当選!! 』

びっくりです。


くじ運が悪いと諦めがちな私ですが、
『 とりあえず参加して、本当によかった !! 』


なんでもそうですが、
参加しないと確率は "0" です。
1%でも確率があるならば、
『 参加してみるもんだなぁ … 』 そう思いました。




これは、"運の付き始めになるのか … "

それとも、"運の無駄使いになるのか … "

これから、どうなっていくのでしょうか。


広島ブログ              

このページのトップヘ