銀職人のつぶやき

銀職人松浦仁史の 日々のコト、作品作りのコトをとりとめもなく綴ります。

IMG_2006


『 アパタイト 』は透明なガラス光沢をもち、
たくさんの色があります。

この名前の由来は「 だます・ごまかす 」を意味する言葉
ギリシャ語の「 Apete (アペーテ) 」からきています。
これは、多くの形状と状態を示して産出されることや、
多彩な色が産出されることなどにより、
アクアマリン、ペリドット、トルマリンなどと
間違えられることが多かったためだと言われています。

和名は「 燐灰石 (りんかいせき) 」です。
世界的にリンの主要な資源鉱物で、
マッチの製造などに使われています。

また、名前から「歯」や「歯磨き粉」をイメージする人も
多いかもしれません。
実際に『 アパタイト 』は歯の成分の1つでもあり、
科学的分野、工業的分野においても
物の構造を強くしたり、
吸着性を強めたりする性質があるため、
使用されることが多い鉱物です。
例えば、ファンデーションなどにも使用されています。


『 アパタイト 』はインスピレーションを与える石と言われます。
優しい色だけれども人を惹きつける石のようです。










 広島ブログ                         
  

IMG_1993


『 ブラッドストーン 』は
" 太陽を呼び戻す石 " と言う意味の「 ヘリオトロープ (heliotrope) 」とも呼ばれています。
濃緑色の「 カルセドニー 」に赤い「 ジャスパー 」の斑点があります。
その斑点がまるで血の滴りに似たなんとも神秘的な石です。

「 カルセドニー 」は肉眼では結晶の見えないクオーツで、
塊状結晶鉱物の石英です。
鉱物学的には結晶を肉眼でとらえられる
水晶と同一の化学組織、二酸化ケイ素の鉱物です。


中世ではこの赤い斑点を、
イエス・キリストが十字架にかけられた時に
傷口から流れ出た血が緑の大地に染み込み
石に変わったものだと言われ、
聖なる力が秘められているとされてきました。
又、その名が示す通り、
優れた血液浄化作用と強力な癒しの作用をもち、
天気をコントロールしたり、邪悪なものやネガティブなものを追い払うなど、
魔術的な力があるとも信じられてきました。


私も予備知識がない時には、
なぜこの地味な石が人々の注目を集め、
大切にされているのかわかりませんでした。
しかし、その理由を知ると
存在感が増してきて、
不思議な魅力に惹かれてしまいました。






 広島ブログ                         
 

IMG_1956

9月1日は朝から雨 …。

『 Nスタ キャンプ Fes. 2018 』は、
主催者・スタッフの方々のご尽力により、
なんとかスタートすることができました。

私たちは2番目の出演で、
雨が降りしきる中、演奏しました。

… そして、なんとかやり切りました。


最近、気づいたことがあります。

自分たちのコンディションも演奏する環境も
いつも整っているわけではありません。
同じメンバーで同じ場所で演奏していても、
その時、その瞬間、それぞれ違います。

しかし、
どんな状況になろうとも、
自分たちの音楽を表現するためには
技術もさることながら、
心を整えていかなければならないし、
瞬時に対処できる柔軟さを持たなければならないことに …。



さて、お昼をすぎには徐々に雨は上がり、
夕方にはこんなに綺麗な夕焼けを見ることができました。

IMG_1962


『 Nスタ キャンプ Fes. 2018 』は、真夜中まで続きました。

私は様々なミュージシャンの音楽を聞き、
ステージングを楽しみました。
そして大いに刺激を受け、
明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。


主催者・スタッフの方々は、
毎回、ご苦労も多いこととは思います。
私は、このような場所と時間があることを、
みんなで大事にしなければならないと思っています。

お世話をしてくださった方々、
本当にありがとうございました。
おかげで素晴らしい夏の最後の思い出となりました。




 広島ブログ                         

このページのトップヘ